スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島の調査~クジラ化石の展示まで

1ヶ月以上更新があいてしまいました。本来は3月上旬の鹿児島調査の話題をアップ予定でしたが、想定外の発見があったため3月7日からは脊椎動物化石の研究をやるはめに。

そんな内容が先日ニュースになりました。海のない岐阜県からクジラ化石の発見

koza0170.jpg
さて、時間はさかのぼって3月上旬。鹿児島の桜島を見上げる某島で調査。
クジラ化石発見の約1週間前。まさかこんなことになるなんて当時は思ってもいませんでした。

koza20175.jpg
燃島貝層と呼ばれる地層。5000年位前の地球の歴史からするとつい最近の地層。

koza20176.jpg
熊手の先で貝化石を探す。第四紀層なのでやわらかい。ここからは珍しい貝の化石が見つかります。

そして、クジラの化石発見。

koza2017111.jpg
調査の様子。いやねぇ、12月に見つかった頭無しクジラで終了、だと思っていたのでびっくりですわ。しかも3月のほうが保存いいなんて。イガイの発見からクジラ化石の発見まで、半年間楽しませてもらいました。現地調査は終わり、これからは室内でクリーニング、鑑定作業です。最も良く似た形の種類は、過去に瑞浪や三重で見つかっているイサナセタスなのですが、実はこの種類の実物化石はすべて瑞浪にあるので、自分のところで比較ができる。ということで研究もやりやすい。

koza20173.jpg
そして、昨日から博物館内でも公開中。

koza20174.jpg
こちらは取材前。インパクトある取材にしようと思った結果、全身がわかるように見せたほうがいいと思い並べました。因みに学術的に正しく並べるため、群馬県立自然史博物館の木村博士の監修の元、並べました。ちゃんと頚椎、胸椎、腰椎、尾椎の順にならんでいるのですよ。

koza20172.jpg
そしてテレビにも出ました。何かいいことを言っているような気が。博物館があり、専門家が近くにいて、業者の協力があったので今回のような発見につながったのですよ。やはり専門の博物館、専門の学芸員は大切だよね。

そして、5月3日~5日はこのクジラ化石の一部を公開クリーニングします。目の前で骨が岩石から分離していく過程を見ることができるので、お時間のある方はぜひ!
スポンサーサイト
プロフィール

MFMuseum

Author:MFMuseum
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。