九州調査のお話その1

先日九州に化石をとりに行ってきました


行き先は天草下島。ここの古第三系(古第三紀の地層)と第四系(第四紀の地層)の化石を調べに行きました。

amakusa001.jpg
いきなり夕暮れの写真から。きれいな夕日ですが、夕日よりもその手前の海食台に目が行く人は何人いるかな?この海食台を構成する地層は坂瀬川層といったり鬼池層といったりします。今からおよそ3600万年前の地層になります。

amakusa002.jpg
その崖。よーく観察すると。


amakusa003.jpg
こんな化石が。ウニです、ただのウニではありません。3600万年前のウニです。
なお、場所ですが…

水平線の先は太平洋になります。そんなところです。


ところで、九州の古第三紀の地層には石炭が含まれていることがあり、その多くは炭田となっています。今回調査した地域も”天草炭田地域”として知られています。


miike001.jpg
因みにこちらは、大牟田地域の三池炭田の炭鉱跡のもの。

miike002.jpg
で、こちらは縦鉱。これを掘り下げて石炭を採取したそうです。人づてに聞いたところによれば、この穴はVenericardia mandaicaという貝の化石の模式標本の産地らしいです。その話が本当なら模式標本の産地が露頭ではなく炭鉱の穴の中というのがいかにも炭田地域らしいですね。
注)その後調べてみましたが、裏はとれませんでした。あくまでもそうらしいということでご勘弁を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

MFMuseum

Author:MFMuseum
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR