化石になった宝石を手に入れよう!

10月28日のイベント

michel00.jpg
内容は、外国産のコハクを磨いて宝石加工します。しかし、ただのコハクではありません。本日の講師であるマイケル先生が実際に自ら現地で採集したものを加工します。
写真は先生が用意してきた様々な地域のコハク。青色に輝くブルーアンバーや虫がたくさんはいったものなどさまざまなものがあります。

michel01.jpg
最初にコハクの説明。
コハクはマツ科の樹脂が地層中で固まってできた「化石」だということを勉強します。

また、コハクは瑞浪でも見つかっています。瑞浪のコハクについても勉強します。

michel03.jpg
その後さっそくコハクを磨きます。今回使用するのはコロンビアの約10万年前の地層から採集されたものを使います。コハクの表面を削ってきれいにしたら、サンドペーパーで磨いていきます。

最初は荒い目で、その後どんどん細かい目のもので磨いてきれいにしていきます。だんだんと光沢が出てきます。

michel02.jpg
皆さん頑張って磨きました。

michel04.jpg
磨き終わったコハク。さて、中に何かはいっていたかな?

michel05.jpg
何と今回は虫が10匹以上入った珍しいコハクを手に入れた方がいました。
コハクは、磨いてきれいにするまで何が入っているのかわかりません。そういう意味では化石採集と似ていますね。何が起こるか分からない、これが化石の魅力ではないでしょうか。




化石博物館では化石や、古生物に関するイベントなら今回のような瑞浪の化石以外の講座も開催します。次回は11月4日開催の恐竜の模型教室です。

お楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

MFMuseum

Author:MFMuseum
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR