スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜展だったり久先生だったり恐竜教室だったり

公式イベントだったり非公式イベントだったりのれぽ

kyor201401.jpg
6月1日は化石博物館で朝昼2回、徳川広和先生をお迎えして、恐竜も模型作り教室を開催しました。大勢の参加がありました。

この教室、毎年なら秋あたりに実施しているのですが・・・

今年は名古屋市科学館で開催中のモンゴル恐竜展の時期にやろうと思いました。中部圏で恐竜・古生物熱が冷めないうちにやりたかったのですよ!
実は、この恐竜展限定フィギュアの原型を徳川さんが製作されているんですよね、そういうこともあり、開催時期に中部にお越しいただきたいというもくろみもありました。


kyoryuten2014mon1.jpg
せっかくいらっしゃったのですから、前日は一緒に恐竜展を見学。
他に、名古屋の恐竜ファンや、同業の古生物学者さんや徳川さんのお知り合いの方なども同行されました。

この恐竜展、ほとんどが実物で、模式標本も多く展示されています。開催は6月8日までです、まだ見に行っていない方、ぜひ行きましょう!

kyoryuten2014mon.jpg
私は・・・恐竜よりも哺乳類とか軟体動物とかの展示に興味があり、見入っていました。このあたりは解説もしたよ。


kyoryuhisa2014.jpg
おまけ、で徳川さんが来たということでちょっとしたイベントも開催しましたが・・・

kyoryuhisa20141.jpg
あのノブナガン原作者久正人先生乱入ノブナガン原作者久正人先生スペシャルゲストとして緊急来店という事態に。





さて、ここからが本題。


kyor201402.jpg
6月1日のれぽです。

徳川さんから復元に関する解説。私もヘリコプリオンの実物化石を見せながら復元の歴史などについて簡単な説明をさせてもらいました。

kyor201403.jpg
徳川さんは話がうまい方ですので、皆さん楽しまれたようです。

kyor201404.jpg
こちらは製作風景。ディノ消しに色付きの紙粘土をつけていきました。

kyor201405.jpg
kyor201406.jpg
kyor201408.jpg
親子参加ということで、共同作業。みんな真剣な目つき、手つきです。はい、会場は静かなんですよ。静かなほうがみんなのめりこんでいる証拠。


kyor201407.jpg
時には徳川さんがネタを披露。ただのまごのてではありません。ティラノサウルスの前足。しかも間接の数とか非常にしっかりとした出来だそうです。こういう小ねたの提供も面白いんですよね。

さて、ここからは出来上がった作品の紹介。色や模様に加え、鼻のおおきさなど、今年は特にユニークなものが多く、発想豊かな作品を見ることができました。

kyor201411.jpg
kyor201412.jpg
kyor201409.jpg



中部地方では年一回の貴重な講座です。来年も開催予定ですので、お楽しみに!


リピーターの子もいたので、定着してきているんでしょうね、結構なことですよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

MFMuseum

Author:MFMuseum
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。